HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

ゴミの分別の必要性とは

エコを意識するときに、まずは普段の生活の中から見直しをします。 その中でも、簡単に子どもでもできることがゴミの分別です。 市町村でその分け方は、異なりますが大きく分けると今は5種類になります。 その中でも資源となる空き缶やペットボトルなどは再利用がされています。最近では、紙の再利用も始まり回収されています。 このように、資源として回収するためにゴミの分別が必要になります。 また、燃やすと有害な物質を発生されるものもあるので分けることはとても意味がでてきます。 環境保護の視点からも、必要なものは再利用にまわしています。 資源は、限りがあります。 大切に使用して、次世代に繋げていくことが今現代に生きる人間の役割です。

応援企業

青山清利は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 青山清利
WEBサイト 経営者としての青山清利氏
事業紹介 家族構成は、父親、母親、本人の3人家族であり、血液型はB型である。 「諦めない」精神は、株式会社光通信で身に付けられた経験で、とても感謝しているという。 起業の際に、古物商を選んだ理由は、大黒屋の営業態度が悪かったことが挙げられるという。 青山清利氏が起業したきっかけの一つは、両親が経営する会社が倒産した事だという。 趣味は、父親(元プロボクサー)の影響ではじめた格闘技で、現在では柔術を習っていて、学生の頃からやっているサーフィンも趣味の一つである。 株式会社a-senseを起業し、1年目から会社経営が軌道に乗り、30歳でほとんどリタイヤ状態の生活を送っているという。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。