HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

ゴミの分別の必要性とは

エコを意識するときに、まずは普段の生活の中から見直しをします。 その中でも、簡単に子どもでもできることがゴミの分別です。 市町村でその分け方は、異なりますが大きく分けると今は5種類になります。 その中でも資源となる空き缶やペットボトルなどは再利用がされています。最近では、紙の再利用も始まり回収されています。 このように、資源として回収するためにゴミの分別が必要になります。 また、燃やすと有害な物質を発生されるものもあるので分けることはとても意味がでてきます。 環境保護の視点からも、必要なものは再利用にまわしています。 資源は、限りがあります。 大切に使用して、次世代に繋げていくことが今現代に生きる人間の役割です。

応援企業

後藤繁樹は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 後藤繁樹
WEBサイト 後藤繁樹(馬主)について
事業紹介 初めて重賞レースとG1レースに出走した所有馬はリキビーナスであり、初めて重賞勝利した所有馬はリキセレナードである。 富豪であることは間違いないが、プロフィールや経歴といった個人情報が一切公開されていない謎のベールに包まれた人物である。 中央競馬にて騎手が着用する勝負服の柄は馬主によって決まるものであり、黄、紫二本輪、紫袖である。 所有していたサニングデールがG1レースの高松宮記念を2004年に制覇し、その他リキセレナードも2000年に重賞レースにて勝利している。 G3レースで勝利したリキセレナードの他、リキボクサーやダブルアップなどの競走馬が総賞金5000万円以上を獲得している。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。